warauPaPalife

子育てや家族のこと、仕事や働き方、やってみたことなど書いていくパパブログ

楽しいのは楽しいんだけど、そろそろセーブの仕方を覚えた方がいい

 

土曜日が晴れで1日遊べる、

翌日の日曜日が雨という状況・・・

 

張り切っちゃうんですよ、土曜日。

 

f:id:waraupapalife:20210406220345j:plain

 

最近、そんな土曜日がありました。

そんな1日をご紹介します。

 

 

起きてご飯食べて9時30分に出発。

 子供と相談して、散歩に行くとのこと。

 

散歩といっても、私と行く散歩は、

私の体力をすごく消耗する過酷な散歩なんです。

 

 

歩いていくと、ちょっとした広場があり、

その広場の周りには

ちょうど良いトラックのような道があるんです。

 

急にスキップ競争のスタート。

ゴールを決めて、ハンデを決めて

次男、長男、私の順にスタート。

 

不思議と笑っちゃうんですよね。辛くて。

アラフォーのおじさんが

辛くて自然とこぼれていまう笑顔

子供を追いかける・・・

 

知らない人が見ら完全にやばいヤツ!!!

 

ま~やばいのは置いておいて、

スキップって長い距離を全速力でやると

いろんな筋肉を使っていて

ものすごく疲れるんです。 

 

ま~子供たちに勝たせませんけどね・・・。

  

 

次に歩きながら、次の目的地、

謎のすべり台がある広場へ。

 

写真はないのですが、

丘に寄り添って作られている

2メートルくらいの横幅のある

コンクリートのすべり台があります。

 

何が謎かというと、

すべり台の後ろ側、丘から登った側に

すべり台の入り口がないということ。

 

小さい子供だと登れない高めの柵で覆われていて、

すべり台をすべりたい場合は

一度滑るところを駆け上がるしかないんです。

 

そこを登ろうとする二人を邪魔をする、

私も登る、引きずり下ろすを繰り返していると

アキレス腱という繊細なところと

ふくらはぎという部位が悲鳴を上げているんです。

 私自身も悲鳴を上げていますが・・・。

 

 

そこで30分くらい遊び、

二人の飽きを感じたタイミングで次の目的地へ。

またもや歩いて別の謎のすべり台がある公園へ。

 

こちらの謎のすべり台とは、

階段のような登るところがない、

両側がすべるところになっている

面白い形のすべり台です。

 

検索すると クリーパーと呼ばれるもののようです。

写真は撮れていないので

こちらから確認してみてください。

クリーパー CP-01350

 

株式会社コトブキさんが作られているもので、

ネクストコム・次世代遊具』

という製品群の1つのようです。

townscape.kotobuki.co.jp

 

遊び自体を自由にクリエイトする。

3次元の不思議なかたちにいつの間にか仲間が集まる。 子どもたちがワクワクする形状の面白さ、遊び方を限定しない、自由な遊びを生み出すことで感覚が研ぎ澄まされていく遊具です。 引用元:株式会社コトブキのホームページ

 

と『ネクストコム・次世代遊具』ページに

書かれていました。

 

正直なところ、大人もワクワクする形状で、

どう遊ぶかは自分たちで考える自由度があって、

私はとても好きな遊具です。 

 

 

その日は、そのクリーパーを活用して鬼ごっこ

15分くらいですかね、私の体力が続いたのは。

 

ずっと私が鬼というのは決まっていて、

けがをさせない程度のスピードで追いかけたり、

クリーパーの上に登ったり、滑ったりしています。

 

クリーパーの下側に隠れて、ジャンプして

想像していないところから急に現れて

驚かせて「きゃーーー」と言わせたり・・・。

 

にやにやしたおじさんに追いかけられて、

子供二人が叫びながら逃げる。

こちらも状況としてはやばいですね。

 

まだまだ体力的には遊べたけどね

・・・感を醸し出しながら、

お昼が近いから帰りの時間も考慮しておしまいだよ

と伝える。

 

 

近くのパン屋でお昼ご飯を買って、

桜並木を歩きながら帰宅。

 

2時間半程度の散歩でした。

f:id:waraupapalife:20210407232459j:plain

 

 

お昼ご飯を食べたあと、静かに目を閉じ仮眠。

仮眠は30分くらいできたでしょうか・・・、

完全に体が重いんですよね。

 

 

外で遊べるのは今日しかないという気持ちで

自分を奮い立たせて、午後はサッカーをしました。

 

ミニゲームとかいろいろやっていたのですが、

一つだけあとで後悔したものがあります。

 

 

サッカーとキョンシーを掛け合わせたもの。

これまでサッカーとキョンシー

掛け合わせた人がいたでしょうか。

f:id:waraupapalife:20210222220906p:plainf:id:waraupapalife:20210407234743j:plain

 

 

キョンシーを知らない方へ

キョンシー繁体字: 殭屍; 拼音: jiāngshī; 粤拼: goeng¹-si¹)とは、中国の死体妖怪の一種。硬直した死体であるのに、長い年月を経ても腐乱することもなく、動き回るもののことをいう。広東語読みは「キョンシー」、普通話読みは「チアンシー」。日本語の音読みで「きょうし」。引用元:wikipedia

小さい頃、テレビで映画をやっていましたが、

めちゃめちゃ怖かった記憶があります。

最新の映画が出ているようで、見たい方はどうぞ。

 

 

最近二人は、図書館で借りてきた妖怪図鑑で

キョンシーを見て、なぜか気に入ったようです。

 

 

実際に、何をしたかというと、

子供二人がドリブルしながら、

追いかける私から逃げるというもの。

 

追いかけるのキョンシーでやって!というので

ついやってしまったのですが、

スキップなんてもんではなく、様々な部位から

恐ろしいくらいの悲鳴が聞こえていました。

 

手も前にピンと伸ばして、

足から頭までピンと立ったまま、

両足そろえたまま前へジャンプ移動。

 

 

想像以上にキョンシーの動きは大変でした。

10分くらいで気づきました。

これ以上やると怪我するぞ・・・と。

 

すぐに普通のサッカーに変更しました。

楽しくて2時間くらいサッカーをしてしまいました。

 

 

あとは、晩御飯の後、寝るまでの30分間の遊び。

最後の力を振り絞って

『目隠し鬼ごっこ』をやりました。

子供の体力は無尽蔵ですね・・・。

 

目隠し鬼ごっことは?は以下を見てみてください。

www.warau-papalife.com

 

 

翌日から想像以上の体の痛み

1週間くらいは痛みが無くならなかったです。

 普通に家の中を歩くのも大変。

 

普段痛くならないところが痛くなっていたので、

確実に普段やらない

キョンシー&サッカーのせいですね。

 

 

もう、アラフォーの私が、

子供の体力についていける訳がないんですよ。

  

 怪我したら、遊べなくなるんですよね。 

 

子供のを育て始めてそろそろ7年になるんだから、

子供を楽しませつつ、自分の体力をうまく調整しようよ!

セーブの仕方を覚えようよ!

痛みを感じるたびに自分に言い聞かせていました。

 

 

今のまま全力でいくのも楽しくていいですが、

できる限り長く子供との遊びたいので、

年相応のセーブの仕方を覚えて

遊び方も変化させていこうかなと思っている今日この頃。

 

  

すみません。文章が長くなってしまいました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 ではまた~。