warauPaPalife

子育てや家族のこと、仕事や働き方、やってみたことなど書いていくパパブログ

子供と遊ぶ、何して遊ぶ パート2

子供と何して遊ぶか悩んでいる方、必見。

f:id:waraupapalife:20210209230147j:plain

これからご紹介する謎の遊びレベルでも
子供たちは毎日楽しめています。
(うちの子だけかもしれませんが・・・。)

つまり・・・悩む必要なし。

どんな遊びでも全力で一緒に遊んじゃってください。
参考にはならないかもしれませんが、家の中で就寝時間まで
普段から遊んでいる自分たちで考えた遊びをご紹介します。

前の記事でも4つの遊びを紹介していますので、
こちらも見てみてください。

www.warau-papalife.com

 

【大型バスに乗ってます】

ルール:私がはいはいの体勢になり(バスとなり)、
    背中に子供を跨らせて、乗せたまま動きまわる。
    『バスごっこ』という歌をみんなで歌いながらはいはいする。
    我が家では二人同時に背中に座ります。 
    落ちたり、落としたりするので布団の上でやる。

面白さ:みんなで一緒に歌うところ。
    歌の中で「ハイ」と歌うところで、背中全体を持ち上げて、
    子供たちを一瞬浮かせたり、バス(私)が曲がるていで
    傾いたりして、ドキドキさせる。
    布団に落ちたときも、乗客と運転手(バス)という役を演じて
    状況を楽しむ。
    
親の頑張るポイント
   :背中全体を持ち上げるところ。子供を少し浮かせるために
    そこそこ筋肉を使うので、しばらく筋肉痛になる。
    バスの動き方や歌い方に変化を持たせて、飽きさせない。
    二人乗せる時は、落ちる時に重って怪我しないように
    落とし方に気を配る。
 
赤ちゃんの頃に、親子でのふれあいに重点を置いた
『バスごっこ』遊びがあり、二人とも好きで、
そこから徐々に形を変えて今のような形になりました。

【ボール当てられたら罰ゲーム】

ルール:子供たちは布団の上(四畳程度のスペース)にいる。
    親がカラーボールをたくさん持ち、
    布団の周をぐるぐる回りながら
    ボールを子供に向かってふんわりと投げる。
    当たった回数分、子供はくすぐられる。

面白さ:カラーボールがいつ飛んでくるか分からないワクワク。
    くすぐられるかもしれないという恐怖からくるドキドキ。  
    目と目を合わせながら表情のせめぎ合い。

親の頑張るポイント
   :カラーボールを投げるタイミングを分からないように
    腕をぶん回したり、リズムを変えたりする。
    運動会の音楽を口ずさみながら盛り上げる。

【ボール相手コートに入れたら勝ち】

ルール:1部屋の真ん中に境界線を作り半分に分けて、陣地を決める。
    カラーボールやサッカーボール、バランスボールなど
    たくさんのボールを準備する。
    スタートしたら、それらボールを相手の陣地に投げ込む。
    終わったタイミングで、より多く相手の陣地にボールを
    入れた方が勝ち。時間はタイマーをかけておく。

面白さ:無我夢中で相手の陣地にボールを投げ込むところ。

親の頑張るポイント
   :ちょうど勝てるか負けるか分からないくらいのボールの量を
    様子を見ながら投げ入れる。
    私の場合は、子供二人対私一人なので、手加減はなしですが。
    盛り上がるように運動会とかの曲を口ずさんだり、
    曲を流したりする。

【動いているのを見られたら負け】

ルール:『だるまさんが転んだ』の鬼が歩きまわるもの。
    鬼(私)が見ていないときだけ動けて、
    鬼にタッチできれば勝ち。動いているのを見られたら負け。
    ただ、「だるまさんが転んだ」とは言わず、
    いつ振り向くかいつ見るかは鬼次第。

面白さ:いつ見られるか分からないドキドキ。
    ときどき止まっている子供たちをじっくり見て、
    笑いそうなところを観察するところ。            

親の頑張るポイント
   :見るタイミングを悟られないように、
    いろんなタイミングで振り向いたり、
    振り向かないよ!という演技をして突然振り向いたりする。

まとめ 

自分たちが考えた家の中でやれる遊びを紹介させていただきました。
他にもありますが、参考になるかあやしいので、
今回はここまでにします。

おそらく、子供が大きくなったら、
このような遊びはやってくれなくなると思うんですよね。
長男は、今7歳なのであと2、3年かな~。
全力で親と子のスキンシップをはかっていこうと思います。

市販の何かで遊んだり、ゲームしたりも楽しいと思いますが、
ぜひ、子供と一緒に考えて独自の遊びを作り出して、
一緒に楽しんでみてください。楽しいですよ。

ではまた~