warauPaPalife

子育てや家族のこと、仕事や働き方、やってみたことなど書いていくパパブログ

息子、反抗期とみた

f:id:waraupapalife:20201125214542p:plain


ここ最近、一日一回は小学1年生の長男(7歳)とプチ喧嘩(?)をしてます。
少し前までは、口答えなんてあまりしなかったのにな~と思いつつ、
プチ喧嘩(?)の流れは大体こんな感じで繰り広げてます。

  (父)食事の仕方や人に迷惑がかかりそうなことに対して注意
            ↓
        (子)軽めの返事※
            ↓   (※2回~5回の繰り返し)
     (父)同じことをやるのでもう一度注意※
            ↓
  (子)「分かってるし!」「知ってるし!」「ちゃんとしてるし!」
            ↓
   (父)「分かってない/知らない/ちゃんとできていないから
      注意してるんでしょうが~~~」と少し強めの注意
            ↓
  (子)ため息や「またはじまった~」という声が聞こえてきそうな態度
            ↓
  (父)その態度にカッチーン!ときて注意継続 か 
    「もういいです、勝手にしてください」と少し投げやりに終了


てな感じで、日々7歳の息子とやり取りしているのですが、いつも子供が寝た後に、
 注意が細かすぎたな~、
 もっと優しい言い方をすべきだったな~、
 すぐに注意ではなく見守る時間をとった方がよかったよな~、
 怒って投げやりの表現はだめだな~
とかを考えながら反省してます。が、ついついやってしまう。
注意すればするほど怒りバロメーターが上がって、
その上がった怒り分も含めた注意の仕方をしてしまっているので、
このままではダメだな~と感じていました。

ふと、妻から「反抗期」は何回か訪れるという話を
息子が赤ちゃんの頃に教えてもらった記憶が甦り、
まさか??と思い「反抗期」を検索。

 反抗期の時期
 ・第1次反抗期(2歳ごろ)
 ・中間反抗期(小学校低学年) 
 ・第2次反抗期(小学生高学年~中学生のころ)

 中間反抗期(小学校低学年)の特徴
 ・親に口答えをする
 ・イライラした様子を見せる
 ・注意しても聞こうとしない
 ・親を批判(指摘)する


あっ、、、あらっ、、、特徴がぴったり、、、


息子よ、ごめん!むきになって怒って。
『自我』が育っている証拠で成長の過程だったんですね。
怒りポイントでなく子供の成長喜びポイントだったのね。早く教えてよ~~~。

目の前にいる息子が表現することだけを見るのではなく、
子供の置かれている状況や成長の過程という背景を通して
息子を見ることは大切だな~としみじみ感じました。


今の状況が喜びポイントと認識できたので、明日からお父さんは変わりますよ~。
息子を観察しながら寄り添いながら注意の仕方を変えていきます。
少なくとも頭ごなしに怒らないようにします!!!